事細かに綴る

私ってこんなことやっています。こんなこと考えています。をまとめたブログ

いいなぁ。って思うだけじゃなくて

こんばんは!今夜はなんか適当モードでブログ書いちゃいますー!ごーごー!(だいぶ今日は頭使ったので結構朦朧としながら書いてる。)
今日話したい事は、理想と現実をどう埋めるのかっていう事。その糸口が見つかった気がしてるの。

 

私は
www.d-department.comこんなイベントだとか

greenz.jp
こんなメディアだとか
とっても好き。
高校生くらいからFBでそういう情報見たり、一人でイベント行ってみたりして

そこに出てくる人たちの暮らし方、働き方
いいなぁ。っていつも思っていました。
でも、「いいなぁ」って直感で思うのに
観客席から見てると


・これできる人って一部のクリエイター的な人だな・・
・現実問題どうやって収益生ん出るんだろ?
・社会からの隔離感も若干リスクだしそこまで振り切れないかも

って「理想は現実にはできないものよ」と言い聞かせてしまう自分がいたんです。

 
でもそれを変えられるかもしれない
理想を現実にできるかもしれない。と私が可能性を感じているのが「DIY」なのです!

※ここで私が言うDIYは壁を塗ったり、床を貼ったり、小屋を作ったり セルフリノベーションと言われる行為に寄る 
それは、DIYを体験して
暮らしに関われる喜びを知った事
自分の力で意外にいけちゃう!?って感覚をつかめた事

DIYを通して
誰かのコミュニティーに参加できる自分になっていた事
つくられたものにあとから参加するよりも、つくる過程から参加できる
楽しい事が始まる時の仲間になれてしまう!っていう事
 
「いいなぁ。」「羨ましい」と思う生き方を送る事は夢物語だと思っていた自分に
DIYは身近な人としてそうやって暮らしている人との出会いをくれて
出会うだけじゃなくて、一緒につくりだせる仲間としてDIYの過程を通してなれていた事

これは、完成されたものを消費したいんじゃなくて
クオリティーを求めているんじゃなくて
リアリティーを感じたい
自分も自分の生き方を作っていきたくて
でもそれを現実化する手段が見つからなかった私にヒントをくれました。
(本気で見つけようとしていなかった。だってそれはメディアで見る夢物語だったから)
  
だから私はDIYに可能性を感じている。
「コミュニティーに関わる事ができる」「自分の可能性に気づける」
きっかけをDIYを通して世の中に広めていきたい。
 
いいなぁ、楽しそうだなぁがそれで終わらない。
気づいたら仲間ができていて、一人じゃできないと思っていた理想の在り方にもなっている。
 
ついこの間までは観客席で見ている事しかできなかった自分が、プレイヤー側になっている。
 
これって人生が変わるって事だと思うのです。
 
 
広告を非表示にする